いつの間にかブログ再開@就職活動中です♪


by t-koba910

落とされたESを検証してみた

昨晩の悲劇から一転、落とされた某社のエントリーシート(ES)を再検証してみた。
今、改めて読むと非常に「安い」ESだったように思えてくる。

以下、何が問題だったのかを検証してみた。
致命傷として挙げられるのは経験談を語りすぎて志望動機ときちんと結び付けられていない点だ。
客観的立場に立って読み直すと「自分がこの企業で何を実現したいのか、どういう夢を持っているのか」を改めて問いただしたくなる。

そもそもESととは自分の経験談を自慢話のように淡々と語るだけでは意味が無いのだ。
自分の持っているビジョンと企業の方向性、自分の夢と企業の目標などを照らし合わせて、自分がその企業に入ったらどういう目標を持って、成長できるのかを具体的に説明できるかが重要なのであると改めて感じた。
それらを補足、あるいは裏付ける為に経験談なり、過去の自分自身の実績を用いる必要があるのだろう。

他にも様々な問題点を発見したが、根本的な敗因は上記に示したとおりだろう。

今回、落とされた企業は本命に近い企業だったのは確かだ。
大学1年の頃からこの企業で働くことを一つの夢として抱いていたからだ。
しかし、無残にもこの夢は「ESで落選」という結果で終わってしまった。
裏を返せば、これだけ長い間この企業に思いを抱いておきながら、ESすら通らなかったと言えるのだろう。

他の選考が始まっていない今、このような問題点を発見し、検証と反省できたのは不幸中の幸いだろう。
次、同じ過ちを犯さないように注意をしてESを作成していきたい。

たまには「思うこと」を最近誰も見ていないこのブログで書き下ろそうと思い、久々に投稿してみた。
[PR]
by t-koba910 | 2007-02-09 03:05 | 仕事探しの旅