いつの間にかブログ再開@就職活動中です♪


by t-koba910

色々と悩み考えた

大学3年のこの時期とは悩み考える時期なのだろうか?
就活というのは人生の転換期なんだと改めて感じた今日一日だった。

最終選考まで進んだ某社だが、辞退することを決心した。
色々と悩んで考えた結果、確かに内定を早い時期にもらっておくと良いとは思う。
だが、「そこまで妥協して仕事をしたい会社なのか?」
と、考えた挙句…
答えは「否」だった。

選考を受けていくうちにこの企業の将来性には惹かれていったが、その魅力は一時的なものに過ぎなかったのだ。

昨晩から冷静に考えた。

この業界は、今までの自分とははるか遠い世界であり、どうしてもこの業界に入ることには抵抗があった。
従って、本当に自分の夢・目標を実現できる会社なのかと考えると、どうしてもポジティブな答えを導き出すことができなかったのだ。

早い時期に内定をもらえば安心をするとは言うものの、
本命に向かって気を緩める必要は無いと思う。
単なる気休めの内定なら、むしろ早い段階で辞退したほうが筋が通るし、企業に対する礼儀でもあるだろうと考えた。
それならばいっそのこと、退路を断って一球投魂のつもりで全力で本命に向かって球を投げたいのだ。


最近、やっと行きたいと思える業界を新たに発見することができた。
理解し始めたばかりの業界だが、今までの自分自身の経験や能力を最大限発揮できる場であると信じている。


それならば、話は早い。
目標実現の為に、全力投球するのみだろう。
[PR]
by t-koba910 | 2007-02-10 01:28 | 仕事探しの旅