いつの間にかブログ再開@就職活動中です♪


by t-koba910

全米団運営も終盤です

3日間、オリセンに缶詰になってました。
缶詰になっていながらも就活セミナーにも参加したり、結構無理をしました。

どれもこれも新全米団の国連大学での研究発表会の準備のため。
新団員とペアを組んで、その子の参加会議の発表内容や構成をチェックしていました。
おかげさまで「軍縮」について3日間考え続けていました。

最終日の前の晩は事務作業に追われながらも口内炎と睡魔に苦しみました。結局、睡魔に負け、4時過ぎに稼働中のプリンタを枕に寝てしまいました。
後から他の皆に怒られました(笑)
ま、いつものことですが・・・

国連大学での研究発表会が第24代日本代表団派遣事業の事実上の集大成となります。
まだ、24代が渡米して帰国をしていないので、まだ気を緩めることはできないけど、運営者たち全員がそろうのは今回と6月の報告会で最後なのだろうかと思うと少し寂しくなりました。

この事業を通して、
うれしかったこと、楽しかったこと、投げ出したくなったこと、むかついたこと、様々な種類の喜怒哀楽を体験できたと思います。色々な思いや考えを持った結果、この事業は「義理と人情」で成り立つのだなと、つくづく思いました。
自分自身も1年間、この事業に専念できた理由は「23代団員たちが好きだから」の一言に集約できるのでしょう。
「思いやりのある現場」、ということは全米団という場に限らず、今後就職してからも自分が求め続けるものの一つなのでしょうね。

この事業の運営を通して、自分自身の組織の中での役割がよく分かりました。自分は事務方で、先頭に立って人を引っ張るというよりは先頭に達人を背後から支えて(あるいは支えあう)成長していくタイプの人間なのでしょう。
この1年、上に立って組織を引っ張っている団長を信頼し、相互に支え合えたからこそ、この事業にやりがいを感じることができたのでしょう。

何だかんだで、自分の中で23代の仲間の存在は大きかったみたいです。
だからこそ、このような仲間と運営してきた24代全米団を、3月11日に成田まで見送ってあげなくてはならないと思うのです◎






この経験も自分にとって非常に大きな財産なんでしょうね。
[PR]
# by t-koba910 | 2007-03-01 10:56 | もぎこく

色々と悩み考えた

大学3年のこの時期とは悩み考える時期なのだろうか?
就活というのは人生の転換期なんだと改めて感じた今日一日だった。

最終選考まで進んだ某社だが、辞退することを決心した。
色々と悩んで考えた結果、確かに内定を早い時期にもらっておくと良いとは思う。
だが、「そこまで妥協して仕事をしたい会社なのか?」
と、考えた挙句…
答えは「否」だった。

選考を受けていくうちにこの企業の将来性には惹かれていったが、その魅力は一時的なものに過ぎなかったのだ。

昨晩から冷静に考えた。

この業界は、今までの自分とははるか遠い世界であり、どうしてもこの業界に入ることには抵抗があった。
従って、本当に自分の夢・目標を実現できる会社なのかと考えると、どうしてもポジティブな答えを導き出すことができなかったのだ。

早い時期に内定をもらえば安心をするとは言うものの、
本命に向かって気を緩める必要は無いと思う。
単なる気休めの内定なら、むしろ早い段階で辞退したほうが筋が通るし、企業に対する礼儀でもあるだろうと考えた。
それならばいっそのこと、退路を断って一球投魂のつもりで全力で本命に向かって球を投げたいのだ。


最近、やっと行きたいと思える業界を新たに発見することができた。
理解し始めたばかりの業界だが、今までの自分自身の経験や能力を最大限発揮できる場であると信じている。


それならば、話は早い。
目標実現の為に、全力投球するのみだろう。
[PR]
# by t-koba910 | 2007-02-10 01:28 | 仕事探しの旅
昨晩の悲劇から一転、落とされた某社のエントリーシート(ES)を再検証してみた。
今、改めて読むと非常に「安い」ESだったように思えてくる。

以下、何が問題だったのかを検証してみた。
致命傷として挙げられるのは経験談を語りすぎて志望動機ときちんと結び付けられていない点だ。
客観的立場に立って読み直すと「自分がこの企業で何を実現したいのか、どういう夢を持っているのか」を改めて問いただしたくなる。

そもそもESととは自分の経験談を自慢話のように淡々と語るだけでは意味が無いのだ。
自分の持っているビジョンと企業の方向性、自分の夢と企業の目標などを照らし合わせて、自分がその企業に入ったらどういう目標を持って、成長できるのかを具体的に説明できるかが重要なのであると改めて感じた。
それらを補足、あるいは裏付ける為に経験談なり、過去の自分自身の実績を用いる必要があるのだろう。

他にも様々な問題点を発見したが、根本的な敗因は上記に示したとおりだろう。

今回、落とされた企業は本命に近い企業だったのは確かだ。
大学1年の頃からこの企業で働くことを一つの夢として抱いていたからだ。
しかし、無残にもこの夢は「ESで落選」という結果で終わってしまった。
裏を返せば、これだけ長い間この企業に思いを抱いておきながら、ESすら通らなかったと言えるのだろう。

他の選考が始まっていない今、このような問題点を発見し、検証と反省できたのは不幸中の幸いだろう。
次、同じ過ちを犯さないように注意をしてESを作成していきたい。

たまには「思うこと」を最近誰も見ていないこのブログで書き下ろそうと思い、久々に投稿してみた。
[PR]
# by t-koba910 | 2007-02-09 03:05 | 仕事探しの旅

お勉強

実は昨夜もへんな時間に寝てしまい、
結局寝たのは午前4時。
NHKでやっていたW杯の再放送ちゃんと観ました(笑)

ってわけで起きたのが11時半近く。
久々に7時間の睡眠が取れましたよ♪

しばらく全米の仕事をやってお昼を食べて学校に行こうとしたら…
夕立ってのかな?
雷が凄かったーー
結構近くに雷が落ちたらしく、最寄り駅の踏切が壊れて作動しなくなっていました(笑)
踏み切りの警報が鳴ってバーが下がったまま作動しなくなったらしく、駅員さんが踏み切りに並んでいた人たちを誘導していました。あとから聞いた話だと夕方まで故障したままだったとか…

故障して作動しなくなる踏み切りも怖いけど、故障して作動したままの踏み切りも困ったものですね(笑)


とりあえず夕立のせいで家でしばらく足止めを喰らいました。
学校の図書館に行って勉強しようと思ったのにぃ~
結局学校に着いたのは15時半過ぎでした。
18時から新宿でミートがあったので2時間弱しか勉強できなかったよぉ…

今更だけど、立教は明日オープンキャンパスらしいですね。
明日も学校に行こうと思ったけど、
人多そうだし、
知り合いに会いそうだし、(高校の後輩がこの時期出没するらしいですよ…)
とりあえず暑そうなんで、
明日は久々に地元の図書館に行って勉強しましょうかね。
それか勉強の合間に関西のリサーチもできる国会図書館にしようかな…
明日起きたときのノリに任せるとしましょう(笑)

そうそう。
18時からミートをしました。
いつものように話が色々な方向に脱線しながらも
相当突っ込んだ話が出来ました。

関西大会はうちの全米団長と総務担当君と一緒に青春18切符で東海道線の鈍行でカタカタと東海道を下っていきます!!
なんか電車旅って青春って感じだよねーw

青春がしたいです。
遊びたいです。
大学生らしい生活が送りたいです。



…てか、

とりあえず試験がヤバイです。
やること一杯あるわぁーーー
誰か僕に時間をくださ~い!!


とりあえず時間は要領よく使わなければ…







今日も北朝鮮ネタの日記書こうと思ったけど、
仕事と勉強が一段落ついたらまた書きます。


今テレビで「豚肉のしょうが焼き」を作っています。
美味しそう…
お腹減ったなぁー
さっきJUSCOで買ったシュークリームでも食べよう♪
[PR]
# by t-koba910 | 2006-07-15 23:39 | 日常

最近思う北朝鮮問題

この前MIXIに載せたものと同じです…


そういえば、北朝鮮制裁決議が安保理に提出されましたね。
東アジア政治を勉強していて(と、いうかゼミの分科会のテーマが北朝鮮なんで…)思ったことは

今回のミサイル実験、原因はやっぱりノムヒョン政権の宥和政策にあるんじゃないでしょうか??
ミサイル発射準備が秒読み段階になった先月下旬、国際社会のどの国もミサイル発射を懸念しているのに韓国政府はミサイルでなく人工衛星だと言い張っていました。
朝鮮日報はこのような韓国政府の対応を「バカ」と批判していました。
北朝鮮からしてみれば周囲の敵は日米のみという認識だったのでしょう。(中露は安保理の議論でも見られるように制裁には消極的です)

ただ、逆にバックグラウンドを考えてみればただ単にミサイルを発射しただけで、核実験を行ったわけではありません。
「明らかな国際法違反とは言いにくい」(李鍾元・7月6日朝日新聞)と、李先生が言うように制裁を与える国際法上の具体的な根拠はないでしょう。北朝鮮だからと言って例外を設けていいのでしょうか?(そういうアメリカだってミサイルをバンバン撃っているんだから…)
安保理決議は加盟国を拘束する故、慎重にならなくてはいけないと主張する中露の主張も筋は通っています。(最も、それ以上の政治的な思惑はあるのでしょうが…)

李先生も新聞で述べていたように「制裁による解決」と「交渉による解決」どちらを取るにせよ決定に時間が掛かってしまっては制裁も交渉も効果はなくなってしまいます。

ただ、制裁をすれば問題が解決されたと思えば大間違いだと思います。
「制裁をした後、どうするのか?」を視野に入れて慎重、且つ迅速な対応を安保理に期待します。

以上、mixiブログより

でも…
最近になって制裁から非難決議へと流れが変わってきましたね。
日本政府の迅速な対応などは評価できますが、
どうしても一次的な感情によるものとしか考えられませんでした。

とりあえず僕の考えは制裁はすべきでない。
別に北朝鮮を甘やかせというのではなく、制裁をするなら制裁をした後の外交の着地地点を定めておかないといけない。
そうでないとイラク問題のように泥沼化する恐れもあるし、東アジアを更に危険な状態に陥れてしまうかもしれない。
李先生曰く、「東アジアは非常にもろい」ので、ちょっとしたことでもすぐにバランスが崩れてしまうからです。

たとえ先制攻撃を喰らったとしても「敵地攻撃論」なんてとんでもない話なんですよ。
憲法での禁じられている武力行使だけど、その前提に主権国家としての自衛権は暗黙の了解で認められているものだと思う。
自衛権を行使する為の「防衛力」は保持しても自衛を超えた「攻撃力」は保持してはならないってことですね。
(僕はむしろパトリオットなどの迎撃ミサイルなどはドンドン配備するべきだと思うんですけどね…)

これからの日本にとって東アジアは非常に重要なパートナーになってきます。
「平和の国・日本」であるなら単純行動よりも理性を以って知力を使った行動をとってもらいたいと思いますね。
[PR]
# by t-koba910 | 2006-07-13 20:15

疲れが出てきたってか…

疲れが出てきたのかな?
どうも昨日の朝から体調がいまいちです。
一応授業は出れてるけど、頭痛とかするし…
最近、気温の変化が激しいせいか、
毎週土日に予定が入っている上、
休養をとる日が少なかったのか…

あ、ちなみに自分の場合、休養をとるといっても何もしない日を作ると言うよりは
1時間でも2時間でも一人で何もしないで精神的にリラックスをするって意味です。
そういう意味では最近落ち着く時間とか無かったかもね。
一番リラックスできるときってやっぱり友達といるときかもしれない。

…って訳で今日は午後の予定を全てキャンセルし、帰宅しました。

やっぱ帰宅して正解でした。
家に帰ったら夕飯までぐっすり眠れたんで。

明日の2限もがんばるぞ!!
[PR]
# by t-koba910 | 2006-07-06 01:03 | 日常
ってわけでさっきセンプラ(立教大学購買部)でノートを買ってきました。
けど、何日持つことやら…?

昔、何回か日記を書こうとしたことがあったけど…
というか、親に強要された感じでだったので
3日として持ちませんでした。
別に毎日かけなくても、
何か自分で感じたことがあったら記録に残せるようにしたい。

自分が今、どう思ったのか、何を感じたのか、考えているのか…
コトバに記してみたいと思う。
[PR]
# by t-koba910 | 2006-06-28 23:29 | 思うこと

恩師と再会

今日、高校時代の恩師と会ってきました。
この先生、去年の春にイギリスの高校を退職し、東京の某お嬢様学校で教師をしている社会科の先生なんです。
まぁ、立教英国仲間は誰かすぐお分かりだと思いますけど。

この先生、
おそらく僕を育ててくれた第一人者だと思います。
高校時代から進路の話、将来の話などあらゆる悩み事を真剣に相談してくれて、
自分が国際政治を勉強しようと思ったのも、国連に興味を持ったのも、政治経済の授業が好きになったのもこの先生のお陰なんです。

再会と言っても3ヶ月~半年に一回は会ってるんだけど、
毎回会うたびに長々と語ってしまうんです。
今日は1時に池袋で待ち合わせをし、飲茶バイキングでお昼を食べて喫茶店に入ってから気づいたらもう8時!!
7時間近くも語ってしまいましたよ。喫茶店の店員さんには迷惑掛けましたよ。
5時間近くも居座っておきながら頼んだのがコーヒー一杯なんだもんw

高校時代、政治経済の授業で国際機関をやって、
国連に興味をもって先生に質問をしに行ったのがきっかけで国際公務員の仕事に関する本を貸してもらって大学での進路を「国際政治」に決めたんです。
それ以来、受験の進路相談から色々と相談に乗ってもらうようになりました。

んで、今日、その先生にこれから就活をして就職をする方向にしたと話しました。
先は僕に国際公務員か外交官になってほしかったみたいで口には出さなかったけど残念そうな顔をしていたなぁ。
それでも、真剣に話を聞いてくれて理解をしてくれた。
そして自分に合った仕事ってどうすれば見つけられるのか、真剣に一緒に考えてくれました。
もちろんこの他にもサークル活動の話とか、
全米の話とか(報告書を差し上げたんです)、
どうして日本に帰ってきたのかとか、
最近の社会問題の話とか、
今、先生が教えている小学校の話とかで盛り上がりました。

やっぱ良き理解者って大事ですね。
自分を理解してくれる大人がいるだけでも幸せだと思います。
[PR]
# by t-koba910 | 2006-06-25 22:02 | 日常

ゼミ合宿!!

金・土でゼミ合宿に行ってきました。
場所は新木場の研修施設で。

18時過ぎにゼミが終わり、
19時までに研修所に行かないと夕飯が食べられないと言うことで池袋から大急ぎで有楽町線に乗って新木場へ。
下手にりんかい線使うより、有楽町線乗ったほうが断然お得なことに気づき、帰りの池袋周りで帰ってきました。

合宿では夕飯後、韓国の民主化のビデオを見て、
部屋で先輩と就職の話や相談をし、
李先生とゼミ仲間で飲み会をし、
午前4時まで頑張って起きて、
W杯「韓国-スイス」を観ながら韓国を応援する。
「テーハミング」コールが気づいたら「リー・ジョンウォン!」コールになってました。
ハーフタイム以降、あまり記憶が無く、
とりあえず気づいたら皆で雑魚寝してました。

翌日は韓国合宿で行う分科会のテーマ説明のプレゼンを行い、
「北朝鮮外交における韓国・日米の温度差」いついて発表しました。原稿もまとまったレジュメもなく、簡単なメモと新聞記事を机において9割アドリブの発表をしたけど、無事終了!!
こういうとき、全米で鍛えられた力が活きてきたのかな??

お昼ご飯後は、近くの植物園→第5福竜丸見学というコースだったけど、
とりあえず植物園に関して男達は「花より団子」というよりは持ってきたサッカーボールで女子が植物園を見学中に外でオール蹴ってました。
でも、第5福竜丸はちゃんと観ましたよ。

それにしても第5福竜丸。
知らない人はいないと思うけど、念のために…
1953年にビキニ環礁で行われた米国の水爆実験によって被爆した日本の漁船のことです。その船が今、新木場の「夢の島」で展示されているんです。
展示館で職員の方に案内されて当時の状況や第5福竜丸の話をしてもらいました。館内には被爆したときの「死の灰」や無くなった船員の記録や手紙などが展示されて心を打たれました。
今まで見てきた歴史の負の遺産で広島原爆ドーム、グラウンドゼロ、ベルギーにある旧ナチの強制収容所に続いての衝撃でしたね。

暑い中サッカーをし、前の晩ほぼ徹夜をしたため、帰りの電車では爆睡!!
宿舎を出るときとか、皆死んだような顔してたしね。
お疲れ様、もうこんな時間だけどゆっくり休みましょうね☆

総括として、このゼミ楽しい!
男子は変態多いけど、先輩もいい人だし、李先生も最高だしね。
バカに真面目って訳じゃないけど皆しっかりしてるし、ふざけるときはふざけてるって感じがするし。僕のイメージも良くも悪くもみんな分かってしまったかなぁ(笑)
いい仲間ができました。本当に!
やっぱ李ゼミに入れてよかった!!

さて、お題は変わって就活へ。
22日の木曜日に就職セミナーに行って思ったこと。
就職日記をつけようかな。
mixiだと皆に見られているので、
これからノートを使って就活日記を書いていこうかと思った。
何日続くことやら??だけどねw

まず。始めに公務員への就職を批判しているわけではありません。僕が「就職」という進路に決めるまで悩んだことを書き記しただけです。

そう。就活を意識しだしたのはつい1ヶ月半ほど前のこと。
それまでは絶対大学院か国Iだって思ってたけど、
大学の仲のいい友人と話して考え直しました。

友人:「そもそも公務員になって何やりたいの?」
自分:「外交官になって日本のために働きたい。」
友人:「別に、頑張れば君も外交官にはなれると思うよ。でも、実際に外交官になって何をやり遂げたいの?結局自分でやりたいことがあっても上から言われたことをやるしか出来ないんだよ…それでもいいの?」
自分:「・・・・・・・・」

外交官とは憧れる仕事でした。でも、自分が現場で何が出来るのかがわからず、大学院に進学して試験に臨むのは非常に危険だと思いました。
それこそ、僕がよく友人に言うのは「文系で大学院に行くには明確な目標が無きゃ意味が無い、社会に出るのを先延ばしするのはお金の無駄。そして仮に院に行ったとしても自分の場合、選択肢は①国家公務員②研究者③政治家④プータローしかない。」と、いうことです。

まとまり無くて分かりにくいかもしれないけど、
公務員になってしまったら視野が狭くなるし、自分の可能性を狭めてしまうだけに思えてきた。
グローバル(ココではグローバルの定義は問わないでおこう)な広い視点から問題解決意識が持てなくなる。

将来的に何らかの形で公的機関に携わる仕事に就く希望は未だ捨てていません。そのためにも一旦、社会に出る必要はあるのではないでしょうか…
だからと言って民間企業でどこまで個人の自由が許されているのかは分からないけど、可能性は狭めるより広げていきたいと思う。

まずはあらゆる可能性を模索する為に様々な業界・企業の話を聞きまわっています。
来週は某新聞社の就職セミナーと某コンサル会社のインターン説明会に行ってきます。

最近スーツの着こなしに自信を持ってきました(笑)
[PR]
# by t-koba910 | 2006-06-25 01:17 | 李ゼミ~
18日の日曜日に23代全米団派遣事業報告会があり、正式に23代派遣事業が終了しました。
そしていよいよ第24代全米団派遣事業が本格的にスタートしました!

まず、先日のミーティングで決定したことでは、
全米団の正式名称と略称について。
よく「全米派遣事業団」とか「全米派遣団」とか「全米日本団」とかいう言葉を耳にしますが…
いったいどういう「団」なんだよ(汗)
いや、全米派遣事業団ならまだ分かるけどさ…
団員の中でも分かっていない人が多かったので
正式名称を「2007年模擬国連会議全米大会第24代日本代表団派遣事業」とし、
略称を「第24代全米団派遣事業」と統一をしました。

報告会やアフターには予想以上の人にお越しいただきました。
ものすごく興味を持ってくれたようでよかったと思います。
まだ誰が24代団員になるか分からないけど、
新しい団員と出会う日が待ち遠しく思います。
多くの人に全米大会に挑戦してもらいたいと思います。

そして昨年12月に総務統括という役職を拝命しました。
これからの新しい団員を選考する選考会の責任者を務めます。
課題は山積みだけど、出せる力を精一杯出して事業を成功させたい。
24代団員を米国へ送り、新しい「何か」を掴み取って帰ってきてくれたときこそこの渡米プログラムは成功したと胸を張って言えるのではないでしょうか。
[PR]
# by t-koba910 | 2006-06-20 13:52 | もぎこく